ローンの残っている車の廃車方法をわかりやすく解説!

ローンを支払っている途中で廃車にしなければならない状況になるとはあまり考えたくないものです。

しかし、最近ではゲリラ雷雨による水没や事故などで愛車を泣く泣く廃車にせざるを得ない場合があります。

結論から言いますと、ローン中の車でも条件さえ揃えば廃車は可能です。ですので、「まだローンが残っているから」という理由で動かない車のために駐車場を無駄にする必要はないのです。

そこでこの記事では、ローンの残っている車の廃車方法について解説していきます。

「買って間もないのに事故で大破してしまった」
「ローン残っている水没車をどうにかしたい」

その他、ローン中の車の廃車でお困りの方は参考にしてください。

ローン中でも廃車にできる2つの条件

ローン中の車でも以下の条件に当てはまる場合は廃車可能です。

  • ローン中でも車の所有権を持っている場合
  • ローンを一括返済することができる場合

これについて詳しく解説します。

ローン中でも自分が車の所有者の場合

車の所有権を自分が持っている場合には、ローンの支払い中でも問題なく廃車することができます。

自動車のローンの中には自動車の所有権を担保としない場合があります。例えば銀行の自動車ローンでローンを組んだ場合などには自動車の所有権を担保としない場合があります。

逆にディーラーなどが提携しているローン会社とローン契約を行った場合には、所有権はディーラーやローン会社となっていることがほとんどでしょう。

もしローン支払中で幸運にも所有権が自分にある場合には、自己の所有物を処分することについては制限がありませんので、問題なく廃車することができるわけです。

ちなみに、所有権とは自動車のナンバーを登録するときに所有者として登録されている人のことを言います。(法人も法律では「人」なので、会社が所有者と言うこともあります)

但し、自動車を登録するときの所有者があなたになっていたとしても、ローンの契約の約束の中に、車を担保とする内容が含まれている場合には、勝手に車を廃車にすることはできないので、ローンの契約内容については今一度よく確認しておくべきでしょう。

とはいえ、残ったローンさえ適切に支払えば(ローン完済まで払い続けるか、一括で払い終わるか)すれば、廃車することは問題無いでしょう。

自分が所有者でない(ディーラーやローン会社)がローンを一括返済できる場合

では、所有者がディーラーやローン会社となっている車を廃車にしたい場合にはどうすれば良いのでしょうか。
基本的に、所有者があなたではない車を勝手に廃車にすることはできません。ディーラーやローン会社の所有権を解除してあなたの名義にする必要があります。

この場合一番簡単でシンプルなのは、ローンを一括返済することができる場合です。
ローンを一括返済することができれば、ローン会社から完済証明書が届き、それを持ってローン会社の所有権の留保を解除することが可能となります。

ただし、ローンの完済から「完済証明書」が届くまで時間がかかる場合があるので急いで廃車にしたい場合には注意が必要です。

所有者の許可が得られない場合はローン中の車を廃車できない

廃車というのは車という財産を処分して無くしてしまうことになるので、所有者の許可を得ずに行うことは基本的にできません。
廃車を行うにはまず、所有者の許可が必要となります。許可がもらえない場合は廃車にはできないと考えましょう。

ローン会社を友人や知人におき換えるとわかりやすいですが、友人や知人が所有している車をあなたが廃車にすることができないのと同じ理屈です。

廃車のためのローン一括返済ができない場合は相談することで所有権を変更してもらえる可能性も

ローンを一括返済しようにも、ローンの残債が大きすぎて手持ちの資金では返済することが難しい場合は相談することで所有権を変更してもらえる可能性があります。

たとえば、ゲリラ雷雨などの災害で水没して廃車になってしまった場合、事故を起こして車を廃車にしなければならない場合などが考えられます。

その場合には、ディーラーやローン会社に事情を説明して、所有権を解除して貰うように交渉する方法があります。

もちろんその場合には、「車を永久抹消する」ことと、「ローンは完済まで支払う」事が条件となります。ディーラーやローン会社がやむをえないと考えた場合には所有権を解除して貰え、晴れて廃車にすることができるでしょう。

所有者の変更はローンの組み換えを利用する方法もある

ディーラーやローン会社が所有権留保を解除してくれない場合には、「ローンの組み替え」を利用して、先に返済して銀行などから借りれば、所有権を解除してくれます。

もちろん、自動車ローンは自動車の所有権を留保することによって、ある程度金利が低く設定されているのが普通ですので、ローンの借り換えや組み替えを行う場合には、金利が高くなることは覚悟しなければなりません。

ただ、借り入れを行う銀行や業者によっては、ローンにかかる金利よりも低い可能性があり、最終的な利息の支払いが安くなる可能性があります。

実際に借り換えができるかどうかは、社会的信用があるかどうかにかかっていますが、一度相談してみるといいでしょう。

ローン中の車を廃車するために車の所有者を確認する方法

車の所有者が誰なのかわからない。そういう方もいらっしゃるかもしれません。
車の所有権は、車を登録するときに一緒に登録されます。

では、その所有者はどうやって確認すれば良いのでしょうか。一番簡単に所有者を確認する方法は、車の車検証を確認することです。

もし、その車の所有者があなたなら、車検証の「所有者」の欄にはあなたの名前が記載されていることでしょう。
逆に、その車がディーラーやローン会社が所有権を留保しているのであれば、その車の「所有者」はディーラーやローン会社の名前になっているはずです。

まとめ:ローン中の車を廃車にできるか確認するには

ローン中の車を廃車にする事ができるか、まず確認するべきなのは車の所有者です。
所有者があなたであれば、廃車にすることについて大きな問題はありません。

もし、車の所有者があなたの名前ではなくディーラーやローン会社の名前になっているのであれば、まずはディーラーやローン会社が所有権を解除してくれるように交渉して働きかけることが必要です。

所有権を解除してもらうのに一番簡単で面倒がないのがローンの一括返済です。ディーラーやローン会社は、ローンの残債を支払ってもらえれば所有権の留保を解除してくれるでしょう。

ローンの一括返済が難しい場合は、ローンの支払いを続けつつその車を廃車に出来るようにディーラーやローン会社に交渉する必用があるでしょう。
もちろん、残りのローンは払う必要がありますが、廃車の許可が出たらきちんと完全に廃車にする必要があります。(転売などはしてはいけません)

ディーラーやローン会社がどうしても所有権の留保を解除してくれない場合には、別の所からお金を借りてディーラーやローン会社に一括返済することが可能です。
しかし、この場合にはローンの金利などの条件が今のローンの状況よりも悪くなってしまうことを覚悟しておきましょう。

ローンが残っている車を廃車にする前には、必ず車検証の所有者の欄を確認して、それぞれにあった方法で対応する必要があります。

このようにローンが残っている車でも廃車にすることは可能です。

廃車買取を行っている「廃車本舗」では、廃車手続きの代行やレッカーにも無料で対応しており、車種によっては1万円以上で廃車買取にも対応しています。

中古車としては売れなくなった事故車や水没車でも廃車買取させていただきますので、お気軽にご相談ください。