自動車税を滞納しても廃車は可能!手続き方法や注意すべき点を紹介

毎年春先に納税の通知書が届く自動車税。自動車の排気量と新車からの経過年数に応じて年税額が決まっていますので、高級車や古い車は年税額も高額になりがちです。

また、ついうっかり納税を忘れてしまっても、税務署の職員が取り立てに来る事はほとんどありませんので、滞納状態が続きやすいのも特徴です。

そんな自動車税が滞納状態になっている自動車も、実は廃車出来るんです。今回は滞納している自動車税と廃車方法について説明します。

自動車税の滞納中でも廃車手続きは可能

自動車税の滞納中でも廃車手続きは可能です。そのため「自動車税を支払ってから廃車にしよう」と考えている方は明日にでも、廃車を進めることはできるんです。

とはいえ、廃車したからといって滞納した自動車税を免除されるというわけではありません。分割か一括かで支払っていかなければなりません。もし一括が厳しいという場合は納付書が届いた税務署に相談してみましょう。

ちなみに、自動車税の滞納している車を廃車にするなら、廃車買取を専門にしている業者に依頼すれば、

 

  • 廃車手続きの代行
  • 引き取り費用無料
  • 廃車買取代金の支払い
  • その他還付金の支払い

 

上記に対応してくれます。廃車手続きを代行してもらえるだけでなく、廃車を買取代金をもらえるため、自動車税の支払いにあてられます。

ご自身で廃車される場合はレッカーや解体などお金がかかりますが、業者に依頼すればお金がかからない上に、車の状況によっては買取額ももらえるのでお得です。

廃車の高額買取事例はこちら

また、長期間滞納している場合は「財産の差し押さえ」となる可能性があります。自動車も差し押さえ対象となり、自動車の廃車はおろか、銀行口座や預金なども差し押さえられる可能性があります。

差し押さえは急に執行されるわけではなく、前もって「差押通知書」というものが届きます。これを無視すると強制執行が行われるので、通知書が届いてないか確認し、届いている場合は管轄の自動車税税務署に連絡しましょう。

税務署も連絡があれば「支払い能力がある、もしくは支払う意思がある」と判断し、差し押さえを止めてくれますので、無視せず連絡してください。

 

一時抹消登録に必要な書類

書類入手先
一時抹消登録申請書国土交通省公式HP
車検証車に備え付け
ナンバープレート2枚車に備え付け
車所有者の印鑑登録証明書役所・コンビニ
手数料納付書

(自動車検査登録印紙を添付)

陸運支局内
自動車税、自動車取得税申告書地域によっては必要

 

これらの書類を揃えて、普通車なら運輸支局、軽自動車なら軽自動車検査協会で手続きを行います。

より詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

関連記事:廃車手続きを陸運局で行う方法|注意点や廃車を楽にする方法も解説

関連記事:自動車の廃車のやり方や必要書類は?注意点や廃車後の処理を解説

廃車買取業者に依頼する方法は以下の通りです。

  1. 廃車買取業者に車の状態の報告と引き取りの依頼をする
  2. 必要書類の準備
  3. 廃車の引き取り・解体・買取の実施
  4. 抹消登録証明書を受け取って完了

 

廃車買取業者に依頼する場合は、以下の書類を準備しましょう。

車検証車に備え付け
リサイクル券車に備え付け

紛失時は自動車リサイクルシステムからダウンロード

無くした場合の廃車はこちらを参考

ナンバープレート2枚車に備え付け
車所有者の実印
車所有者の印鑑登録証明書役所・コンビニ
委任状

(実印の押印が必要)

国土交通省公式HP

記載例

譲渡証明書国土交通省公式HP

 

廃車手続きを代理で依頼するため、「譲渡証明書」と「委任状」の記入が必要です。これらの書類をするだけで車の解体から運輸支局や自動車検査協会で出向き、廃車の手続きを済ませてくれます。

また、廃車買取業者は解体後のパーツを買取、その代金を支払ってくれます。車の状況や車種によっては10万円以上の値がつく場合もあるのです。

もちろん手続きにかかる費用は一切かからないため、車を廃車するなら手間がかからず、廃車代金ももらえる「廃車買取業者への依頼」がおすすめです。

\廃車の高額買取なら”廃車本舗”/
この記事の内容が難しい方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っている廃車本舗へお問い合わせ下さい。面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。お電話の場合は0120-788-100 まで。メールで愛車の査定を希望される方はこちらから。廃車予定の事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

中古車・事故車・不動車・高年式・ボロボロの車も買取実施中!
買取価格を無料査定でチェック