【プロが教える!】古い車を最短1週間で処分する方法を解説!

古い車 処分
  • 古い車を処分したい
  • 親の乗っていない車を代わりに処分したい
  • 私有地に止まっている古い車を処分したい

古い車の処分するには廃車を行う必要があります。ただし、廃車の中にも自分で行う方法から業者に依頼する方法まで様々です。

この記事では「すぐにでも古い車を処分したい」「面倒な手続きなしで車を処分したい」と考えている方に向けて、最短1週間で古い車を処分する方法や「親や他人の古い車を代わりに処分する」ような特殊ケースについて解説します。

楽して古い車を処分したいなら廃車買取業者に依頼するのがおすすめ

古い車を最短1週間で楽して処分したいのであれば、廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。その理由は以下の通りです。

  • 理由1・古い車の処分を代行してくれる
  • 理由2・無料で手続き可能
  • 理由3・廃車として買い取ってもらえる

廃車買取業者は古い車の処分、つまりは廃車を代行してくれます。本来であれば自分で手続きを行う必要のある廃車ですが、手間をかけずに処分できます。

廃車手続きの代行費用は無料でおこなってもらえるため、廃車の代行を依頼するからと言って、手数料等はかかりません。

さらに廃車買取業者はボロボロの走行できない車も買取価格をつけてくれます。無料で手続きを代行してもらい、さらには処分予定の車を中古車のように買い取ってもらえるので、楽してお得に古い車を処分できます。

しかも廃車買取業者は自社に解体工場を持っており、最短1週間ほどで車の処分・廃車が可能です。

今すぐにでも古い車を処分したいと考えている人におすすめです。

古い車を処分する全ての方法

廃車買取業者への依頼のほかにも古い車を処分する方法があります。

中古車販売店とディーラーに古い車の処分を依頼する場合

古い車の処分を代行してもらうことが可能ですが、1〜8万円の費用がかかります。

車の購入を条件に無料で処分してもらえる可能性もありますが、処分だけが目的なのであれば高くつくでしょう。

自分で処分する

自分で古い車を処分する場合、次の費用がかかります。

  • 永久抹消登録(車の解体)をする場合:車の運搬費用、解体費用
  • 一時抹消登録(車の一時使用中止):陸運支局での手続き費用・交通費(ナンバープレートを外した時点で走行不可のため)

→廃車にかかる費用をチェック!

親や他人の所持している古い車を処分する方法

本人以外が所有している車を処分する場合は、所有者が作成した委任状と印鑑証明が必要になります。

この2つの書類を準備すれば前述した「廃車買取業者」や「自分・ディーラー」で廃車手続きが可能です。

ただ、委任状と印鑑証明を準備できない場合は他人の車を代わりに配車することはできません。

例えば、私有地に放置されている車や所有者がなくなっている場合は別途手続きを行う必要があります。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

関連記事:他人名義の車を廃車することはできるのか?

廃車の委任状はどこで手に入れる?書き方や必要書類をわかりやすく解説

徹底解説!!廃車時に必要な印鑑証明書とその他必要書類に関して

古い車を処分を廃車買取業者に依頼する手順

廃車業者に頼む場合の手続き方法を解説します。

廃車買取業者のWebサイトから無料査定もしくは電話をする電話

指示に従って、処分する古い車についての情報を伝えます。

廃車買取業者から査定金額の回答が返ってくる

無料査定、または電話をすると、当日〜翌営業日中に廃車買取業者から査定金額の回答が返ってきます。

査定金額(買取価格)に了承したら、成約内容の確認書類と返信用レターパックが送られてきます。郵送

必要書類を廃車買取業者へ返送する

必要書類の準備ができ次第、返信用レターパックに入れ、ポストに投函します。

もちろん、書類手続きの不明点についての問い合わせを受け付けています。

廃車の引取を実施する必要書類の確認が終わり次第、廃車買取業者と車引き取りの日程を調整します。

買取費用を銀行口座に振り込み

査定額で提示された金額が本人の銀行口座へ振り込まれたら手続きは完了です。

当サイトを運営している「廃車本舗」ではお客様の車を少しでも高く買取しております。車の状態にもよりますが、過去には10万円以上の値がついた買取事例もありますので、古い車の処分に困っている方は一度ご相談ください。

乗っていない古い車は処分しなければ自動車税がかかり続ける

古い車は処分せずに持っているだけでも、自動車税がかかりますし経過年数によっては新しい車よりも税率がかなり上がっているため負担額が大きくなっています。しかし、廃車することにより翌年度の自動車税がかからなくなるのはもちろん、普通自動車の場合は5月に支払った税金の一部も還付(返金)されます。

関連記事:廃車で戻ってくるお金の種類一覧|自動車税や保険解約時の還付金について詳しく解説

古い車の処分方法:まとめ

古い車の処分方法についてみてきました。廃車本舗の場合、無料査定または電話をすれば、後は廃車買取業者の指示に従うだけです。それだけで古い車を処分することができ、自動車税まで還付されます。この記事を機に古い車の処分は廃車買取業者への依頼を検討することをオススメします。