廃車は代行できる?依頼先の選び方や注意点を解説!

レッカー移動?抹消登録?解体?いきなり自分で廃車をする事は、やって出来ない事はありませんが、かなりハードルが高く時間も費用も要します。

さらに、初めて廃車の手続きをするにはわからないことばかり。必要書類を集めるのも面倒ですよね。

しかし、廃車の手続きは代行を依頼することも可能です。時間もかけずに、ややこしい手続きは代わりに行ってもらえるんです。ただ、代行先は手続きの内容によって異なります。

そこでこの記事では、面倒な廃車を代行してくれる依頼先と代行先別のメリット、デメリット、代行先の選び方をご紹介します。

廃車の代行できる手続きの種類

最終的な廃車手続きは、普通自動車の場合であれば最寄りの陸運局、軽自動車の場合であれば最寄りの軽自動車検査協会で行えます。

 

書類上の廃車申請は「抹消登録申請」と呼ばれています。

 

陸運局や軽自動車検査協会で行う廃車手続きの抹消登録申請は、登録してある自動車の情報を抹消する為に行います。

陸運局や軽自動車検査協会に登録されている自動車の情報が抹消される事により、「廃車」されたという事になります。この廃車手続きである抹消登録申請は、大きく分けると2種類あります。

こちらで詳しく解説しているので、参考にしてください。

関連記事:【5分で解説】一時抹消と永久抹消の違い・メリットデメリットをわかりやすく解説!

廃車を代行できる依頼先別のメリットデメリット

廃車手続き(永久抹消登録申請)を代行してくれる業者は意外と多くあります。

そこで今回は、廃車の代行を依頼できる業者をおすすめ順に紹介し、業者ごとのメリットデメリットをご紹介します。

廃車買取専門店に廃車の代行を依頼するメリットデメリット

廃車買取専門店に廃車を代行するメリット

 

廃車を代行する業者としては唯一、「廃車」そのものをメインの商材としている業者です。

 

廃車買取専門店はあらゆる方法で廃車をリユースしますので、廃車を買いとる事が出来ます。

万が一買取価格がつかない場合でも、廃車費用がかかる事はまずあり得ません。

どんな状態の自動車であっても、レッカーや解体、書類申請費用等の廃車にかかる費用は一切不要です。

廃車代行業者としては最もおススメできる代行業者であることは間違いないと言えます。

廃車買取専門店に廃車を代行するデメリット

廃車買取専門店は実店舗を構えているところが意外と少なく、廃車をどうやって依頼していいのか分かり辛いところが最大のデメリットかもしれません。

インターネット上で廃車買取依頼を簡単にだせますが、それゆえに分かりにくいといえるかもしれません。