車検切れの車は廃車できる!手間いらずの手続き方法やかかる費用を紹介

長年車に乗っておらず車検が切れていた、もしくは次の車検時に車を廃車しようと考えている方も多いのではないでしょうか。

 

結論から言いますと、車検切れであっても廃車は可能です。

 

しかし、車検が切れている場合は道路を走行することはできないために、レッカー車を利用するなど色々と手間がかかります。

 

たとえ、「解体工場に持っていくだけだから・・・」という考えで数キロほど走行した場合でも「行政処分」と「刑事処分」が課せられ、30日間の免許停止や懲役30万円以下の罰金など、かなり重い罪で課せられます。

 

そうならないためにも、車検切れの車の正しい廃車方法について理解する必要があります。

今回は、車検切れの車の廃車方法や廃車できないケース、車検切れの車を廃車する際にかかる費用について解説していきます。

この記事の内容が難しい方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っている廃車本舗へお問い合わせ下さい。面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。お電話の場合は0120-788-100 まで。メールで愛車の査定を希望される方はこちらから。廃車予定の事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

中古車・事故車・不動車・高年式・ボロボロの車も買取実施中!
買取価格を無料査定でチェック

車検切れの車を廃車する方法

車検切れの車は公道を走行することはできないために、解体工場などで完全にスクラップする永久抹消の廃車を行い場合にはレッカー車での運搬が必要となります。

ただ、レッカー車を利用してご自身で解体の手続きを以外に、以下2つの方法もあります。

 

  • 仮ナンバーを取得して手続き
  • 廃車買取業車に手続きを依頼

 

上記の方法は車検切れの車を永久抹消する際の方法です。もしも、「一時的に廃車して、車自体は残しておきたい」と考えている方は、以下の記事を参考にしてください。

自分で簡単に出来る廃車手続き徹底ガイド

仮ナンバーを取得して手続き

仮ナンバーを取得することで、指定したルートのみ公道を走行することができます。

正式に「臨時運行許可」と呼ばれており、車検切れの車を移動させる場合には申請を行い、公道を走行できる許可を発行しなければなりません。

仮ナンバー(臨時運行許可)を申請するためには以下の書類が必要です。

  1. 臨時運行許可申請書
  2. 自動車損害賠償責任保険書
  3. 車検証(ない場合は、登録識別情報等通知書・一時抹消登録証明書・自動車家予備検査証でもOK)
  4. 印鑑
  5. 本人確認書類

 

上記5つの書類を準備する必要があります。これらの書類を持って、運行経路が含まれる市町村役場で申請を行います。

その際、手数料が750円ほどかかりますので、準備を忘れないようにしましょう。

 

また、仮ナンバーを取得して走行する際には、自賠責保険(自動車損害賠償責任保険書)にも加入しなければなりません。

 

一ヶ月のみであれば5880円~6090円かかり、自動車の種類によって異なります。こちらの準備も忘れないようにしましょう。

廃車買取業車に手続きを依頼

 

車検切れの車を廃車する方法としてオススメな方法は、車の引取りから解体まで、手続きも含めて全て代行してくれる廃車業者にまとめて依頼する方法です。

 

正直、ここまで読んで「車検切れの車の手続きはめんどくさそうだな」と感じられた方も多いと思います。また、ご自身でされる場合は、お金もかかります。

しかし、廃車買取業車に依頼すれば、手間のかかる手続きが不要なのに加えて、買取できる高価な部品などがあった場合、数万円の売却費用がもらえる可能性があります。

時間も手間もかけずに廃車でき、さらにお金ももらえるので車検切れの車を廃車するなら「廃車買取業車に依頼する」方法がおすすめです。

 

当社廃車本舗では、車検切れの車や不動車、事故車でもあっても全国どこでも無料で引き取り、買取を行なっております。

 

「車検切れの車を廃車したい」とお考えの方は、ぜひ一度「廃車本舗」にご相談ください。

廃車本舗の廃車買取事例はこちら