廃車後の自動車保険は解約が必要!手続き方法や必要書類を解説

事故や故障、経年劣化などで車を廃車にしたけれど、一括払いしてあるはずの自賠責保険や長年かけてきた任意保険や「どう手続きしたらいいんだろう?」と悩まれる方も多いのではないでしょうか。

結論から言いますと、自動車保険の解約をしなければ、車を利用していないにもかかわらず保険料を支払い続けなければなりません。

そうならないためにも、廃車の際に必要な自動車保険の手続きや、楽して解約する方法も合わせてご紹介します。

廃車した車の自動車保険の変更手続きが必要

車を廃車にするということは関係する契約について解除や変更をしておく必要があります。その最たるものが自動車保険です。

自分で手続きする場合はお金も手間もかかる

廃車した車の自動車保険の変更手続きをする場合、必要な書類をそろえて保険会社の営業店に行くか、郵送しなければなりません。

用意すべき書類の詳細について問い合わせる必要もあるなど手間ひまかかることばかりです。

さらに、公的機関などから取り寄せる書類には手数料がかかることもあります。

廃車買取業者に依頼すれば面倒な手続きなしに引き取り費用ももらえる

 

廃車買取業者に依頼すれば、自賠責保険の面倒な手続きを代行してくれます。

 

自賠責の契約期間が3ヶ月以上残っていれば保険料の残額が還付されるうえに、買取業者が廃車を引き取った際の代金までもらえる可能性があるのです。

ここで重要になるのが、自動車税や自賠責保険の還付金の金額について、はっきり提示してくれる買取業者を選ぶことです。中には、還付金の支払いを行わずに、自社の利益に組み込んでしまう業者もいます。

廃車本舗では廃車引き取りを無料で行っている他、自賠責保険や重量税の還付金に加え、廃車買取代金をお渡しいたします。

 

過去には年式の古い車でも5万円以上で買い取った実績もございますので、廃車をご検討中の方は一度ご相談ください。

 

 

廃車本舗の高額買取事例はこちら

 

 

入れ替えを行う手続きは、自賠責保険証明書を発行している保険会社に依頼することになります。

 

以下が必要になる書類です。

  • 自賠責保険証明書
  • 自動車の廃車が確認できる書類(登録識別情報等通知書など)
  • 新しい自動車の車両が確認できる書類(自動車検査証など)
  • 印鑑

以上の書類を郵送か持参して、保険会社の取り扱い営業店で手続きを行いましょう。

例えば、新車登録から13年経っている古い車を8月で廃車にして自賠責保険を解約した場合、普通車であれば以下の還付金がもらえます。

 

【計算例】45,400÷12×7(9月から3月まで)=26,400円

これだけの金額が自賠責保険を解約するだけで手に入ります。これはご自身で自賠責保険を解約した場合にもらえる金額ですが、廃車本舗に依頼すれば、これに加えて廃車買取代金ももらえます。

 

関連記事:廃車の還付金はいつ戻る?還付金の種類別でみる返金期間と申請方法を解説

 

 

 

車を廃車にする場合、自賠責保険の解約や入れ替えをする必要があります。

強制保険である自賠責保険は、期間分を一括して先払いしていますから、解約の場合、残月分の保険料が月割りで還付されます。ですので、廃車をした場合には自動車保険の解約を忘れないようにしましょう。

また、もしまだ廃車自体行っていない場合は廃車業者に依頼すれば自賠責保険の解約など代行してもらえます。

廃車本舗では、自賠責保険の還付金をお支払いするだけでなく、廃車買取代金もお渡しさせていただきますので、廃車をご検討中の方は一度ご相談ください。