ボロボロの不動車でも買取できる!処分方法や手続きを進める上での注意点を解説

不動車

動かなくなったので、取り敢えず何の手続きもせずに所有車を放置している方は意外と多くいます。廃車手続きを自分でするのが煩わしい、廃車業者を呼ぶと高い費用を請求されそう、まず何から手をつけていいのか分からない等々、放置している理由は様々です。

 

ただ、実は不動車の廃車に費用がかかる事はとても稀な事なんです。逆に動かない車でも業者に買い取ってもらえる事だってあります。

 

今回はそんな不動車に焦点をあて、廃車方法を具体的に説明していきたいと思います。

この記事の内容が難しい方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っている廃車本舗へお問い合わせ下さい。面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。お電話の場合は0120-788-100 まで。メールで愛車の査定を希望される方はこちらから。廃車予定の事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

中古車・事故車・不動車・高年式・ボロボロの車も買取実施中!
買取価格を無料査定でチェック

不動車とは公道を走行できない車を指す

不動車

不動車とは、公道を走行できない車を指します。

一般的に車には、エンジンがかかり、アクセルを踏めば走行し、ブレーキを踏めば停まり、ハンドルを回せば曲がる事が求められています。

この4つの事が一つでも出来ないと自分の力だけで走行できない車、つまり不動車になります

不動車となる理由には、大きく次の3つがあげられます。

バッテリーが切れている場合

軽自動車であっても普通自動車であっても、自動車には大きな充電電池であるバッテリーが搭載されています。

エンジンをスタートさせる時、電気の力でモーターを動かしそのモーターの力でエンジンを始動させます。

エンジンを始動させるモーターはセルモーターと呼ばれますが、バッテリー切れを起こしていると、セルモーターに十分な電力が供給されませんのでエンジンが始動しません。

自動車は走行中にもバッテリーの電力を消費していますが、それ以上に走行中に充電もしています。

エンジンが止まっている状態でバッテリーの電力を消費し続けると、充電がされないのでもちろんバッテリーが上がってしまい、自走することができなくなってしまうのです。

例えば、エンジンを切ったあとヘッドライトやルームランプを消し忘れるとすぐにバッテリーが上がってしまいます。

また、バッテリー自体も一定量自然に放電していますので、1ヶ月から2ヶ月程度自動車を動かさないとそれだけでバッテリーが上がってしまう可能性もあるのです

車検が切れている場合

車検が切れている場合は、公道を走行できないために、不動車扱いとなります。

 

特に年式の経過した古い車は車検費用が思いのほか高額となり、買い換えるか処分するか車検を通すかどっちつかずとなる場合があります。

 

そうしている内に車検期限が過ぎてしまい、公道走行が出来なくなり不動車になる事があります。

他にも、うっかりミスで車検期限が過ぎてしまい、そのまま不動車になる場合もあります。

関連記事:車検切れの車は廃車できる!手間いらずの手続き方法やかかる費用を紹介

 

故障している事故をしている場合

故障は原因にもよりますが、自動車は些細な部品の劣化で走行に支障をきたす場合があります。

または、故障によりエンジン始動が出来ない場合等、自動車修理工場まで持ち込めない時にそのまま不動車になってしまいます

事故をしてしまい走行が不可能となった場合、一旦自宅までレッカー移動してもらってそのまま不動車になるケースもあります

不動車を処分する方法を3つ解説

廃車を持ち上げている

不動車の処分方法は大きく分けて以下の3つがあります。

 

  1. 業者に不動車の買取を依頼する
  2. 不動車の下取り・引き取りを依頼する
  3. 自身で解体手続きを行う

 

不動車を処分するには必ずレッカー車などを利用した車の移動が必要になりますが、それには料金がかかります。

しかし、方法によっては無料で車を移動できるだけでなく、放置車両の引き取りや処分も利用できる場合があります。それらを以下で詳しく解説します。

業者に不動車の買取を依頼する

不動車は廃車専門の業者に買取を依頼することができます。当然、公道を走れないほど問題のある車ですので、中古車としての買取は不可能です。

 

しかし、廃車の買取を専門としている業者に相談すれば、鉄クズ同然で価値のない車であっても数万円の買取価格がつく場合があります。

 

さらに、不動車の処分の際に廃車手続きを行う必要がありますが、それらも無料で代行してくれ、さらに廃車買取代金をもらえるのでおすすめです。

特に、車の知識に乏しく「動かなくなった車を処分したいけど、どこに連絡をしたらいいかもわからない」といった初心者の方であれば、廃車買取業車への相談がベストです。