車のレッカー移動の料金はいくらかかる?費用内訳や無料で移動してもらう方法を紹介

車を所有していれば、誰しもがぶつかる車のトラブル。それは事故だけでは無く、故障や自然災害によるものも含まれます。

その時必要になるのは、レッカー移動です。でも、レッカー移動って結構お金がかかりそうですよね?

実はやり方さえ知ってしまえば、いくらでも安くできるのです。この記事ではレッカー移動にかかる料金と、少しでも安くする方法を紹介します。

この記事が読み終わる頃には、レッカー移動に高額な料金を払わずに済むようになっているでしょう。

車のレッカー移動にかかる料金

車のレッカー移動にかかる料金は依頼する業者や時間帯、作業内容によって異なります。

場合によっては無料で依頼できる場合もありますが、条件によっては費用がかかる場合も否めません。

そこで以下では、車のレッカー移動にかかる料金について詳しく解説します。

車のレッカー移動料金は時間帯によって料金が異なる

時間帯によってもまた料金が異なってきます。

JAFの料金を例にあげます。

[会員][非会員]
基本料無料基本料8~20時 8380円
20~8時 10480円
作業料工数0.5(4750円)まで無料作業料ロードサービス作業工数表による
けん引料15kmまで無料けん引料1km毎に730円
部品・油脂・燃料代実費作業料・油脂・燃料代実費
ロードサービス車両の高速道路料金無料ロードサービス車両の高速道路料金本線などの走行車線上
8~20時 16770円
20~8時 19900円サービスエリア内などの非走行車線8~20時 10480円
20~8時 12570円
後方警戒車両の高速道路料金無料後方警戒車両の高速道路料金実費

 

非会員は、会員と比べると基本料から1万円前後の料金がかかります。作業料も加算され、通常4750円(4輪吊り上げの場合は9500円)となります。

高速道路で本線上や加速・減速車線等の走行車線では、昼と夜で、約3000円の差が出てしまい、こちらも作業料4750円が別途でかかってしまいます。

上記の事からも、レッカーを呼ぶのであれば昼間の時間帯がベストと言えるでしょう。ただ、事故の後すぐにレッカー車を呼ぶのであれば、昼夜関係ありません。すぐにレッカーを利用しましょう。

不動車の場合は引き上げ料金がかかる

不動車の場合は引き上げが必要になるので別途料金がかかります。通常のクレーンで1時間程度の作業はかかり、料金は大体2000円程になります。

 

ただ、特殊クレーンが必要な時は10,000円以上と高額になってしまいます。

 

特殊クレーンが必要な時はどういう時かと言いますと、川や海などに水没して通常クレーンでは対処できない場合。他にはパーツか何かが取り付けられていて、通常のクレーンで運ぶことができない場合になります。

特殊クレーンが必要な時は稀なケースになるので、基本的には通常クレーンの料金でみて大丈夫ですが、料金が異なることも頭に入れておきましょう。

車のレッカー移動料金は依頼する業者によって料金が異なる

レッカー移動を頼むにしても、業者によってそれぞれ料金設定が異なってきます。
主に依頼できる業者は下記の4つになります。

廃車買取業者

廃車買取業者に依頼すれば、事故に遭った車を無料でレッカーし、買取にも対応してくれる場合があります。

特に自宅にある放置車両を処分しようと考える時には、廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。

レッカー代を払うどころか廃車買取代金をもらえたりもするので、他に比べると断然お得です。

関連記事:事故車の廃車費用はいくら?かかる費用とお得に廃車する方法を紹介

JAF

日本で一番有名と言っても過言ではないロードサービス業者です。事故や故障車の対応といったら、最初に思い浮かぶ人も多いはずです。会員・非会員問わず、誰でも対応可能です。

保険会社

車を購入した時に加入させられる、任意保険の会社です。保険会社によってサービス内容が異なっています。

JAFに加入していないなら、加入している保険会社に頼んだ方が安くなるか、もしくは無料になることもあります。
例えば、保険会社が指定している修理工場までの移動の場合、長距離でも無料となるケースもあります。

非加入でJAFに頼むよりは、断然こちらの方が良いですね。ロードサービスなので、自宅からのレッカーには非対応になることもあります。依頼する前には、料金がいくらかかるかは必ず確認しておきましょう。

関連記事:知らなきゃ損!自動車保険に加入して無料で使えるロードサービスはこんなに充実!

警察

稀なケースではあるのですが、警察がレッカー移動の対応する場合もあります。

ただ、警察がレッカーに対応してくれる場合は、警察が提携を結んでいる業者に依頼するので、費用がかかってしまう可能性があります。

ですので、費用をかけたくないのであれば任意保険のロードサービスかJAFなどをご自身で手配した方が無料、もしくは安くつくでしょう。

車のレッカー移動にかかる料金を安くする方法を状況別に紹介

以上のことを踏まえて、車のレッカー移動を安くする方法を紹介します。結論から言いますと、走行中の事故や急なトラブルにより車を動かせない場合は、まずは加入している任意保険会社に相談するのがおすすめです。

自宅、もしくは整備工場までなら無料で運んでくれる場合が多いでしょう。

ただ、乗り換えを予定していて修理して乗り続けようか悩む場合は、廃車買取業者に依頼すればレッカー費用かけず、手続き代行も無料で行ってくれます。

この章では状況別にレッカー料金を安くする方法について、以下で詳しく解説します。

走行中のトラブルでレッカーが必要な場合は任意保険のロードサービスを利用する

 

保険会社詳細
ソニー損保指定する修理工場であれば、距離に制限無く無料でレッカー移動が可能です。

指定外の場合は、100kmまで無料となりますので、移動をする前にはどこの工場に運ばれるか確認しましょう。自宅での車のトラブルなど、事故以外でも対応可能です。

三井ダイレクト損保指定する修理工場まで、距離制限無しで無料になります。
指定外の修理工場は50kmまでになりますので、こちらも移動前に確認を取っておきましょう。事故だけではなく、車のトラブルにも対応しています。「車両トラブル緊急対応サービス」という、ロードサービスの1つで、キーの閉じ込みやバッテリー上がりなどに対応しています。JAF会員の場合で指定外の修理工場に運ぶ際は、50kmにJAFサービス対象距離の15kmが加算され、合計65kmまで無料となります。バッテリー上がり等の偶然なトラブルについては、現場で簡易的な作業を行います。
損保ジャパン 1事故につき、15万円まで無料になります。指定する修理工場までのレッカー移動は無料となっています。

こちらも「ロードアシスタンス」というサービスがあり、事故以外の車のトラブルにも対応可能になっています。

どの保険会社も車のトラブルに対応可能ですので、まずは自分が加入している保険会社に連絡して確認をとりましょう。

 

ここでは、車の任意保険の有名会社である3社を例に挙げましたが、それ以外の保険会社でもロードサービスがオプションとしてついている場合が多いです。

一度保険会社に問い合わせてみましょう。特に事故や外出先でのレッカーが必要な場合は保険会社に連絡するのがベストです。

廃車予定の車をレッカーしたい場合は廃車買取業者に依頼する

廃車予定の車であれば、廃車買取業車に依頼してレッカー費用を無料にする方法があります。

 

そもそも、廃車時にご自身で手続きを全て行い、スクラップ工場に持っていく場合の費用は2~5万円ほどかかることが多いです。

 

さらに手続きも面倒で廃車のためにたくさんの時間を費やす必要があります。

しかし、廃車買取業者に依頼すれば、レッカー費用はもちろん手続き代行、スクラップまで対応してくれ、さらには廃車買取代金までもらえる可能性があります。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

関連記事:車は自分で処分?業者に依頼して処分?車の処分代を浮かせて賢く廃車にする方法

車のレッカー移動を業者に依頼する場合の2つの注意点

ここまで、レッカー移動に関しては距離によって無料になるなど、金額の話をしてきましたが、状況によってはレッカーが使えない場合もあります。

レッカーを使えたとしても、場合によっては高額になってしまいます。以下の2点について詳しく書いていきます。

車検切れの車はけん引によるレッカーができない

車検切れの車はレッカー移動ができません。

 

その理由は、レッカーでけん引していても、タイヤが回っていれば、道路運送法車両違反にあたるからです。

 

その場合は、積載車での運搬となります。もしレッカー移動する場合は、仮ナンバーを取得してからになります。

仮ナンバーを取得すれば、最長5日間公道をすることが可能です。

車検切れの車のレッカーについては以下の記事で詳しく解説しています。

関連記事:車検切れの車を牽引するのは違法!手続き別にベストな対処法を紹介

修理工場が遠い場合はレッカー費用が高額になる場合がある

もし旅行先などでトラブルに遭った際、どうしても指定の修理工場が遠くなってしまいます。

レッカーを依頼する場合は、距離に応じて料金が上昇します。「いつもお世話になっている修理工場だから、そこに持っていってもらいた」と思っても、距離が遠い場合はできるだけ今いる場所から近い修理工場等を選びましょう。

ただ、廃車予定の場合は一旦自宅に運んでもらってから、廃車買取業車に依頼するという方法もあります。

状況によって対処法が異なるので、

  • 修理して乗り続けるなら修理工場
  • 廃車予定なら自宅に運んでもらい廃車買取業者に買取を依頼

と、あくまでも例ですが車の今後の処理に合わせてどこに運んでもらうかを決めましょう。

まとめ

この記事では、車のレッカー移動にかかる料金について解説しました。

レッカーは事故や外出先でのエンジントラブルなどで走行できなくなってしまった場合には、加入している保険会社のロードサービスに依頼すれば無料で対応してくれる可能性があります。

ただ、保険会社によってはロードサービスがついていない場合もあるので、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

また、車の乗り換え予定であれば事故車や不動車でも買い取ってくれる廃車買取業者に依頼すれば、廃車の手続き代行からレッカーまで無料で対応してくれます。

中古車として売れない車の買取も行っているので、車種によっては鉄クズ同然の車でも高額買取してくれる可能性があります。

廃車買取を行っている「廃車本舗」では事故車でボロボロの車でも数万円をお付けして買い取った事例があります。

「ボロボロの車を廃車にしたいけど、もう動かなくなってしまい処分に困っている」という車があれば、廃車本舗にご相談ください。