不動車でも買取可能!買取相場から高価買取が期待できる依頼先を紹介

  • 事故やパーツの故障により不動車になってしまい、買取を依頼したいけどどうしたらいいかわからない
  • 不動車は買い取ってもらえるの?

結論から言うと、不動車の買取は可能です。

しかし、不動車は中古車としての価値がつかないことがほとんどなので、中古車買取業者に依頼しても買取を拒否される可能性があります。

買い取ってくれるとしたら、車検が切れているだけで走行可能な車や希少価値の高い車、年式の新しい車ぐらいでしょう。

最悪の場合、買取ではなく有料での引き取りになってしまう可能性があります。

ですが、不動車や事故車を買取している廃車買取業車に依頼すれば状態の悪い不動車でも買い取ってくれます。そこでこの記事では、廃車買取業者に依頼する場合の買取相場や、不動車の買取先、不動車の買取を依頼する際の注意点について解説します。

  • 不動車を買い取ってほしい
  • 廃車を考えているが、できることなら不動車を買い取ってほしい

という方は5分ほどで読めるこの記事を参考にしてください。

不動車の買取相場

不動車の廃車買取相場は、車の状態によって大きく違ってきます。車のメーカーや車種などで違いますし、損傷がある場合は損傷の場所や程度でも違います。

以下に最低ラインの買取相場をまとめました。あくまで目安となる価格です。

  • 軽自動車|約3,000~10,000円
  • 普通自動車|約10,000~30,000円
  • トラック・バスなどの大型車|10万円~

車検が切れているという理由で動かせずにいるだけで車の状態の良い場合は、10万円程度の価格がつく場合があります。

きちんとメンテナンスがされていて、再販できる部品が多ければ10万円以上の価格も期待できます。

走行距離が10万kmを超えていて年式も古い場合は、査定価格は格段に低くなります。

部品が劣化していて価値がつかないものが多くなるからです。自動車税の還付や自賠責保険の戻りを考慮しても数万円程度でしょう。

精度の高い価格を知りたい場合は、事前に査定価格を廃車買取業者に見積もりしてもらうことをおすすめします。

不動車の買取依頼先を紹介

ここからは、不動車の買取依頼先を紹介します。

一般的な不動車の買取先は以下の通りです。

  • 古い車や自走できない状態の不動車は廃車買取業者に依頼
  • 年式の新しい車や自走できる車、希少価値の高い車は中古車買取業者に依頼

それぞれ詳しく解説します。

古い車や自走できない状態の不動車の買取は廃車買取業者に依頼

古い車や自走できない状態の不動車買取は、廃車買取業者に依頼するのがおすすめです。

 

古い不動車は長年放置されているために、故障や事故によるダメージの他に経年劣化による影響で国内市場では見向きもされないことが多々あります。

しかし、海外では日本車の評価が高く、修理した不動車でも中古車として販売できます。そのため、海外市場にコネのある廃車買取業者は中古車買取よりも高額で買い取ってもらえる可能性があるのです。

また、海外で人気のある不動車の場合は、中古車としては利用できない場合でも部品を再利用できるので価格がつきます。

部品を再利用できない場合でも鉄やアルミなどをリサイクルして、貴重な資源として活用されます。その販路の多さから中古車として価値のつかない車でも廃車買取業者では高額買取が期待できるのです。

ですので、古い車や自走のできない車の場合は廃車買取業者に依頼しましょう。

年式の新しい車や自走できる車、希少価値の高い車は中古車買取業者に依頼

年式が新しい車や自走できる車、希少価値の高い車は中古車買取業者に依頼しましょう。

 

中古車買取業者の買取価格には、年式や走行距離が影響します。年式が新しいということは、一般的に走行距離も短く、車の劣化が進んでいないと判断されます。

また、中古車買取価格は需要と供給のバランスの影響も受けますので、人気があるけれども流通台数の少ない希少価値の高い車は買取価格が高くなります。

数量限定、希少モデルの車に関心のある層は少なからず存在し、中古車業界にとってはありがたいユーザーです。

年式の新しい車やレア車の場合は、中古車買取に依頼すべきでしょう。

不動車の買取を依頼する際の注意点

不動車の買取を依頼する場合、依頼先によってはいくつか注意しなければならないことがあります。また、抹消登録しないで車を所有していると、不動車であっても税金はかかってきます。

不動車を保管したり駐車したりするスペースの確保に費用が発生してしまうこともあるでしょう。ここでは、不動車の買取を依頼する際の注意点について説明します。

ディーラーに不動車の引き取りを依頼すると処分代を取られる場合がある

ディーラーに不動車の引き取りを依頼すると、処分費を請求されることがあるので注意が必要です。

 

ディーラーは、新車販売を目的としているので、不動車を引き取っても自社で売り上げや利益につなげるノウハウがありません。不動車を解体工場へ持ちこみスクラップにします。そのときの処分費用を所有者に請求するのがディーラー引き取りの特徴です。

ディーラーの下取りは新車乗り換えを条件に車を「買取、もしくは処分」してくれるサービスなので、状態が良いが年式の古い車でも走れる車でも状態によっては値段がつかないことがあるのです。

不動車の下取りをディーラーに依頼すると、買取価格はほぼ0円で処分費用を請求されてしまうので注意が必要です。

不動車の買取を依頼する際はレッカー費用がかかる場合がある

不動車の買取を依頼する場合はほとんど引取手数料が無料ですが、レッカー費用のみ請求されるケースがあります。

 

不動車を動かす場合の基本料金は地域や業者によって違いがありますが、10,000~15,000円が相場です。

また、不動車は積み込むだけで手間がかかりますから、保管場所の状況次第ではさらにかかることもあります。

レッカー費用のかからない買取業者を選ぶのがベストですが、レッカー費用の有無がわからない場合は業者に直接問い合わせておきましょう。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

関連記事:廃車のレッカー費用はいくらかかる?状態別の費用相場と無料でレッカーする方法を解説

不動車を放置し続けると税金や維持費がかかる

不動車を抹消登録しないで放置していると、自動車税はこれまで通り課税されますし、保険の更新も必要になってきます。保管しておくためにガレージや駐車場を借りている場合は、その費用も長期になれば大きな出費です。

もう乗るつもりのない不動車のために、時間や労力をかけて処分や手続きをするのは億劫だという気持ちはわかりますが、放置し続けていると維持費用はかさむばかりです。

不動車は放置せず、すぐに買取業者に査定を依頼することをおすすめします。