水没車でも買取可能!水没状況別のベストな買取方法と3つの注意点

近年、突発的な大雨やゲリラ豪雨など、日本各地で大規模な洪水や河川の氾濫が起きています。こういった洪水や河川氾濫はいつどこで起こるかわからず、最悪の場合、自分の車が水没してしまう可能性もあるのです。

  • 毎日走り慣れた道路が急に冠水して、走行中、車内にまで水が入ってきてしまった
  • 川が氾濫して、自分の車が水没してしまった

 

しかし、水没以外は目立った外傷はみられないため、「水没車でも買い取ってもらえるのではないか?」と考える方も少なくありません。

結論から言いますと、車が水没して動かなくなってしまった場合でも、買取を依頼することができます。

 

自動車は「鉄」と「精密電子機器」で作られていますので、水に弱い乗り物です。水没してしまった自動車は即廃車と思われがちですが、実はそんな水没車でもちゃんと買い取ってもらう方法があります。

今回はそんな水没車の買取方法について解説していきます。水没車の処理でお困りの方はこの記事を参考にしてください。

この記事の内容が難しい方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っている廃車本舗へお問い合わせ下さい。面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。お電話の場合は0120-788-100 まで。メールで愛車の査定を希望される方はこちらから。廃車予定の事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

中古車・事故車・不動車・高年式・ボロボロの車も買取実施中!
“廃車買取価格を0円査定“

水没車の買取相場は水没具合で変わる

水没車は水没具合により買取価格に影響する度合いが違います。

水没車はJAAIの商品価値加減点によると、水没車の具合により以下が定められています。

  • フロアまでの水没車……減点率30%
  • シート上部まで水没車……減点率40%
  • ハンドル上部までの水没車……減点率50%

この基準に乗っ取り、水没車の買取価格が決定します。

ただ、上記はあくまでも目安になり、水没状況を確認するとさらに価格が変動する可能性があります。

水没車の買取方法を状況別に紹介

ここでは、水没の程度によっておすすめの買取方法をご紹介します。

フロアまでの水没車は中古車として買取を依頼する

フロアまで浸水した水没車は、一般的な中古車として買取を依頼する事がベストです。

フロアまでの浸水ならば、走行に支障が出るような深刻な故障が出る可能性が少ないからです。

特に、年式の新しい自動車や、走行距離が少ない自動車は、査定額が減額されたとしても、買取価格が新車購入価格の半額程度で買い取ってもらえる可能性が高いでしょう。

 

ただし、浸水による車内の汚れや臭いは簡単に除去できますが、自動車への見えないダメージは時間を追うごとにひどくなっていきます。

 

隠して査定を依頼すると、買取依頼先とトラブルなる可能性があるので、査定前にはどの程度まで浸水したかを正直に査定士に説明しておきましょう。

ちなみに、プロの目から見ると水没車であることは必ず見抜かれるので、正直に説明するのがベストです。

 

シート上部、またはハンドル上まで水没した車は廃車買取を依頼する

シート上部、またはハンドルより上まで水没してしまった自動車は、中古車買取よりも廃車買取を依頼しましょう。

ここまで浸水してしまうと、修理をして中古車として再度流通する事は費用対効果が伴わなくなり、中古車としての価値はほぼなくなってしまいます。

特に過走行車で10年以上走行しているような車の場合、通常の中古車であれば売れるもののさらに水没車となれば0円引き取りの可能性が高いです。

 

ハンドル上部まで浸水してしまうと、一般的な自動車は構造上、ほぼ確実に自走が不能な状態になります。ただ、中古部品としての価値は残っていますので、部品の取り外しや販売ができる廃車業者に依頼すれば思わぬ高値が付く場合があります。

 

ディーラー下取りやお金を払って処分を依頼するよりは、専門業者に廃車買取を依頼した方が売却益がもらえる分お得です。

廃車買取については以下の記事で詳しく解説しています。水没具合がひどく、自走不可の車を買取してもらいたい方は参考にしてください。

関連記事:廃車買取のメリットや水没車を買取できる理由

水没車を買取依頼先に運ぶ方法

ここでは実際に水没車の買取依頼先に運ぶ方法を解説します。

水没車はレッカー車で運ぶのがベスト

水没車はレッカー車で運ぶのがベストです。水没車でもエンジンをかけて工場や買取先に持ち込もうと考えている方もいますが、水没車はエンジンをかけてはいけません。

特にマフラーよりも上まで水没した場合、エンジンをつけるとウォーターハンマーという現象が起きます。

これが起きると、シリンダー内まで水が侵入してしまい、エンジン始動と同時にコンロッド部分が曲がる、もしくは折れてしまいます。最悪の場合、コンロッドがエンジンブロックを突き破り、エンジンが全壊してしまう恐れがあるのです。

ですので、台風などの自然災害で水没した車は、間違ってもエンジンをかけないよう注意してください。買取依頼先に運ぶ場合は引き取りを依頼するか、レッカー車で運んでもらいましょう。