軽自動車の廃車の手続き徹底ガイド!全手順やお得情報を解説!

軽自動車 廃車

「軽自動車の廃車の方法を知りたい」

「無料でお得に軽自動車を廃車する方法はあるの?」

このような悩みをお持ちの方もおられるのではないでしょうか。

軽自動車を廃車といっても一時的に使用を中止する「一時抹消登録」と車を解体して完全に使えなくする「永久抹消登録」の2種類があります。

基本的に廃車とは解体を含む永久抹消のことを指します。解体を伴う廃車は車を運ぶレッカーや、解体費用がかかりますので、軽自動車を廃車するだけで数万円程度かかります。

しかし、廃車買取業者を利用すれば廃車にかかる費用が無料になるだけでなく、廃車の手続きもすべて代行してもらえます。

そこでこの記事では、2つの廃車方法を解説するとともに、軽自動車をお得に廃車する方法について解説します。

 

 

ちなみに廃車買取業者に依頼する場合は、手続き書類の作成・記入は必要ありません。「自分で手続きする自信がない」という方は廃車買取業者に依頼しましょう。

 

\軽自動車の廃車なら“廃車本舗”にお任せ!/
この記事の内容が難しい方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っている廃車本舗へお問い合わせ下さい。面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。お電話の場合は0120-788-100 まで。メールで愛車の査定を希望される方はこちらから。廃車予定の事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

中古車・事故車・不動車・高年式・ボロボロの車も買取実施中!
買取価格を無料査定でチェック

\手続き代行無料ボロボロの軽自動車でも高額買取!/

 

 

リサイクル券を紛失した場合の軽自動車の廃車はどうすればいい?

廃車は「自動車リサイクル法」により廃車の際にリサイクル券の提示が必要ですが、リサイクル券をなくしても廃車は可能です。

「自動車リサイクル料金の預託状況」を代用することで、リサイクル券をなくしても廃車できます。

くわしくは以下の記事を参考にしてください。

関連記事:【5分で読める】リサイクル券を紛失した時の廃車方法を徹底解説!

車検の切れた軽自動車を廃車するにはどうしたらいい?

車検が切れた軽自動車を永久抹消登録(廃車)する場合は、解体を行う際にはレッカーで車を運搬する必要があります。

車検が切れているためにタイヤが公道に接地する牽引などでの運搬は禁止されているため、レッカー車で運ばなければなりません。

費用は1〜3万円ほどかかります。仮ナンバーを取得すれば公道を走行できるためにレッカー費用はかかりませんが、手続きに手間がかかります。

車検の切れた軽自動車の廃車を検討されている方は以下の記事を参考にしてください。

関連記事:車検切れの車は廃車できる!手間いらずの手続き方法やかかる費用を紹介

他人名義の軽自動車を廃車する場合はどうしたらいい?

他人名義の軽自動車は名義変更を行なわなければなりません。

家族から車を譲り受けたようなケースでは、旧所有者本人の実印を押した「譲渡証明書」「委任状及印鑑証明(発行3ヶ月以内)」を準備すれば廃車できます。

詳しくは以下の記事で解説しています。

関連記事:他人名義の車を廃車することはできるのか?

自動車税を払っていない、もしくは滞納している軽自動車は廃車できる?

自動車税の払っていない軽自動車でも廃車は可能です。ただし、2年以上滞納しているような車は廃車できません。

2年以上も滞納している場合は財産の差し押さえ対象となり、勝手に廃車処分することができません。

詳しくは以下の記事を参考にしてください。

関連記事:自動車税を滞納しても廃車は可能!手続き方法や注意すべき点を紹介