ヘッドライトの交換費用を故障状況別に紹介!費用を抑える方法も解説

何の前触れもなく突如として起こるヘッドライトの不点灯。走行こそ普通に出来ますが、夜間走行ではもちろん視認性が低下してとっても危険な状態です。

ヘッドライトが切れている状態で走行すると、「整備不良」として違反点数1点7,000円の罰金を取られてしまう立派な道路交通法違反なんです。

だからヘッドライトの不点灯は出来るだけ早めに対処する必要があります。

ただ、ヘッドライトは年間に何回も交換するものでもないので、ヘッドライト交換費用を熟知している方は少ないかもしれません。

今回はそんな方にも出来るだけ分かりやすく、ヘッドライトが不点灯になった場合の、交換費用や交換方法を詳しく解説しt。

ヘッドライトの交換費用

ヘッドライトには、

  • 「ハロゲンライト」
  • 「HIDライト」
  • 「LEDライト」

の3種類があり、ライト毎に交換費用に差があります。

 

自分の車にはどのタイプのライトが搭載されているかは、ヘッドライトの明るさや点灯の仕方を見たり、実際にバルブを取り出して確認を行います。

 

最も安いものはハロゲンライトの球交換で、片目1,000円程度で交換が可能です。

HIDライトやLEDライトは構造上、球交換だけでは点灯しない場合もあり、特にLEDライトは数十万円と言う高額になるケースもあります。

 

更にヘッドライトには、1つの球でロービームとハイビームの切り替えを行う2灯式ヘッドライトと、ロービーム・ハイビームが1個ずつ計2個の球で点灯する4灯式ヘッドライトがあります。

ではライトの種類別に具体的に交換費用をみていきたいと思います。

 

ハロゲンライト

いわゆる昔ながらの電球がハロゲンライトです。球の中のフィラメントと呼ばれる糸のような細い金属があり、電気を流すとこのフィラメントが発行します。

フィラメントが切れ発光しなくなった状態が、「球切れ」の言葉の由来ですね。

 

ハロゲンライトは非常に安価に購入ができ、左右セットでも1,000円程度で量販店で購入出来ます。

片方が球切れを起こすと、同じようにもう片方も球切れを起こす可能性があるので、一般的には左右同時交換を行います。

 

左右のヘッドライト交換工賃は無料、もしくは1,000円程度のショップが多く、左右交換でも2,000円程度で交換が可能です。

 

HIDライト

HIDライトは、特殊なガスが注入されたヘッドライト球に数万ボルトの高電圧の電気を流して発光させるライトです。

HIDライトは、自動車メーカーにより、「ディスチャージヘッドランプ」や「キセノンヘッドライト」と呼ばれる場合もありますが、これは呼び名の違いだけです。

非常に白く明るく発光する特徴があり、多くの車種で採用されています。

 

HIDライトの不点灯は、ヘッドライト球の故障か、バラストと呼ばれる電極に高電圧を加える部品の故障によって引き起こされています。

 

HIDライト球は、海外製の安価なものは2,000円~3,000円程度でネット通販で購入可能です。メーカー純正のものだと1つ1万円前後です。

 

電圧を変換するバラストと呼ばれる部品も、海外製の安価なものは2,000円~3,000円程度でネット通販で購入が可能です。メーカー純正のバラストであれば、1つ概ね1万円~2万円前後となります。

HIDライト球やバラストの交換工賃は、車種のエンジンルームの構造によって違いはありますが、概ね片目あたり3,000円~5,000円程度と言えます。

 

LEDライト

LEDヘッドライトは、ヘッドライト球に発光ダイオードと呼ばれる、通電させると光る素材が使用されています。

省電力かつ高耐久とされ、ヘッドライトの主流になっていると言えます。

小型でありながら強力な光を放つため、現在のスタイリッシュなデザインのヘッドライトにはほとんどLEDライトが採用されています。

その反面、コストはハロゲンやHID比べると割高です。

 

ネット通販でLED球は3,000円~5,000円程度から購入できます。

 

ただこういった海外製の安価商品多くは、光軸がずれ光度不足だったり、光が散乱してカットラインが出ないので、ほぼ車検に通りません。

 

車検に対応するLED球は概ね1個10,000円程度し、純正のLED球であれば1個15,000円程度となります。

交換工賃は、LED球の交換だけであればハロゲン球と作業量は変わらないので、1個1,000円程度となります。

 

ヘッドライトの交換費用が高額になるケース

ヘッドライトの球の交換だけでは点灯せず、ヘッドライトを丸ごと交換する場合は交換費用が数十万円と非常に高額になるケースがあります。

ヘッドライトを丸ごと交換する必要があるのは次の2パターンです。

  • ヘッドライト本体の故障
  • ヘッドライトの曇り・黄ばみ

これら2つのどちらかに当てはまる場合は、ヘッドライトの交換費用が高くなる可能性があります。

ヘッドライト本体の故障

ヘッドライト本体を丸ごと交換する場合、交換費用は数十万円~高額なものでは100万円を超える事もあります。

年式の新しい車両や高級車にはヘッドライトにも多くの機能が実装されています。

 

例えばハイビームとロービームを自動で切り替えたり、道路のカーブに沿って自動で進行方向を照らしたりといった機能です。

 

こういった先進的な機能のあるヘッドライトにはヘッドライト内部にコンピューターが取り付けられ、電子制御で光量や光軸をモーター駆動させています。

このため、ヘッドライト不点灯の原因が多岐にわたり、もしそれがヘッドライトの球だけではなく、電子回路を操作する本体が故障している場合は、ヘッドライトごと交換する必要があります。

10年以上たっている車の場合でも中古のヘッドライトで3~5万円するので、工賃を含めると6~10万円ほどかかるので、決して安いとは言えません。

また、年式の古い高級車である場合は、パーツを入手すること自体難しく、ヘッドライト1つが20万円~100万円を超える可能性があります。

 

ヘッドライトの曇りや黄ばみは交換での対応がほとんどですが、中には旧車や高級車に乗っており、ヘッドライトの交換に数十万円かかってしまうケースもあります。

曇りや黄ばみが原因で光量が十分に出ている場合は、