車の故障を隠して売るのはNG!絶対NGな理由と故障でも高く売る方法を解説

「小さな傷や車の不具合を隠して売ることはできるの?」

「傷や故障を隠して買取してもらった場合にトラブルはある?」

故障がある車は故障個所の修理費用がマイナス査定になるので買取査定額が下がる可能性があります。

それを恐れて「車の不具合や故障箇所を隠して売りたい」と考える方もおられますが、それは絶対にNGです。査定士は車のプロのため、故障箇所を見落とすことはほとんどありません。

もしも査定士が故障箇所を見落として買取が行われた場合、後日故障箇所が見つかった場合には再査定、もしくは買取価格の減額といったトラブルが発生します。

そのため、故障箇所を隠しての買取依頼は絶対にNGです。

では故障した車を高く売るためにはどうすればいいのか?それについてこの記事で詳しく解説します。

この記事を読めば、故障した車を高く売れるだけでなく、売る際にトラブル一切なく取引できる知識が身につきます。是非ご一読ください。

 

車の故障を隠して売ることの危険性

もし故障個所を申告せずに隠して売却してしまったら、その後に次のようなリスクがあります。

  • 再査定・減額請求リスク
  • 返金請求リスク
  • 訴訟リスク

 

基本的に故障個所は査定時に査定士に自己申告しておくことがベストです。

申告しなくてもほとんどの場合は査定士が故障個所を見抜きますが、査定士も人間ですので、見落としてしまう場合があります。

まずは故障個所が見抜かれずに売却できた後のリスクについて具体的に解説していきます。

 

再査定・減額請求

売却後に故障個所が見つかった段階で、再度査定が行われます。

もちろん査定額が下がりますので買取業者から査定額の減額請求がなされます。

 

売買代金の授受が行わる前であれば、その減額請求に応じてそのまま売却するか、売却を取りやめるかの二択になります。

 

故障個所により査定額の減額度合いが変わってきますが、この段階ではまだ大きなリスクとは言えません。

 

返金請求

売買代金の授受が行われた後に故障個所が発覚した場合は、再査定のあと減額分の返金請求がなされます。

 

買取業者にとっては故障個所の修理費用が必ずかかりますので、一般的には修理費用程度の返金請求がなされます。

 

ただし故障個所によっては、その修理費用がその自動車の時価額を上回る事もあります。

そういった場合は契約自体が無効となり、売買代金全額の返金が請求される事となります。

 

最悪の場合訴えられる可能性も

故障発覚後の返金請求にも応じず、そのまま不誠実な対応を続けていると、最終的に買取業者から契約の無効と返金について訴えられる場合もあります。

 

特に高級車の場合は、中古車とは言え査定額も高額になり、買取業者側の損失もかなり大きくなります。

程度の良い中古車を購入したいという気持ちは、一般ユーザーも買取業者も同じです。

万が一騙されて買ってしまった場合は、最終的にそれ相応の措置が取られると考えておきましょう。

 

故障車の売却でトラブルが起きた場合の対処法

車の故障個所を隠して売却したあと、もしトラブルが起きてしまったらどう対処したら良いのでしょうか。

意図せず故障個所に気付かず売却してしまい、売却後に買取業者から指摘された場合等、具体的にその対処方法について解説していきます。

 

故障の責任を再度確認する

まずは故障の責任が買取業者にあるのか自分にあるのかしっかりと確認しましょう。

 

一般的な中古車買取の場合、基本的には自動車を引き渡した後の故障については業者側にその責任があると考えられています。

 

これは買取業者の方が、一般ユーザーよりも自動車についての知識や経験が豊富で、正確に査定を行えるとされているからです。

 

特にオイル漏れや滲みといった普通に自動車に乗っているだけでは気付かないような故障は、査定士が見抜くべき点だといえます。

また、自動車引渡し後にありもしない故障をでっち上げられ減額請求されるとたまったものではありませんよね。

こういった事を防ぐ観点からも、引渡し後の故障は買取業者側にあるとされています。

もし引渡し後に故障が原因のトラブルに巻き込まれてしまったら、上記の事を理解したうえで買取業者と交渉するようにしましょう。

ただし、意図的に悪意的に故障を隠ぺいして売却した場合はもちろんこの限りではありません。

法律の専門家に相談する

故障車売却によるトラブルが訴訟にまで発展しそうな事案の場合は、出来るだけ早めに法律の専門家である弁護士に相談する事がベストです。

自分で直接買取業者と交渉を行う事ももちろん可能です。

 

ただし、買取業者は自動車の知識や買取経験が豊富なので、直接交渉しても買取業者に言いくるめられてしまうかもしれません。

 

だからと言って、自動車関係の知り合いの相談したり、自動車に詳しい友達に相談したとしてもあまり得策ではありません。

法律行為や代理で交渉を行う事は弁護士法で弁護士にのみ認められている権限です。

弁護士資格を持たない知り合いや友達には、買取業者と直接交渉する事は出来ず、余計にトラブルがややこしくなってしまう可能性もあります。

 

だから余程自動車の知識や経験がある方や、法律知識や交渉に自信がある方以外は弁護士に相談しましょう。

キャンセル料を支払って契約解除を申し込む

トラブル発生後に、故障していた自動車を売却した時に締結した売買契約を解除すると言う方法もあります。

もし金銭の授受も行われておらず自動車を引き渡す前であれば、比較的容易にキャンセル料無しで契約の解除や解約が可能です。

 

ただし金銭の授受も完了しており、自動車の引渡しを終えた後の契約解除については、一般的に違約金やキャンセル料の支払いが求められます。

 

買取を行った業者には買取後にその自動車を買い取った事による損失が発生していると考えられるため、損失を補填する為に支払いを求められることがあります。

契約の解除は自動車のみならずその他多くの商材の契約でも問題が起こりやすいので、出来るだけ円満に解決出来るように尽力した方が得策です。

故障車売却のトラブル予防策

故障車を売却するにあたって、契約前や契約時に気を付けておくべきポイントをご紹介します。

契約書の内容を確認する

 

契約時にまず確認したいのは契約書に記載されているその内容や文言です。

 

基本中の基本ですが、契約書の約款は文字が小さい事も多く意外と見落としがちです。

次の3つのポイントはしっかりとチェックしておきましょう。

 

ポイント1・解約条件を確認する

一般的な売買契約書には、その契約の解約や解除についての記載があります。

 

解約や解除について、期限や費用負担についてもしっかりと確認しておきましょう。

 

契約締結後、8日以内であればその契約を無条件で解約出来るクーリングオフ制度は、自動車売買には適用されませんので注意してください。

ポイント2・契約成立後に発生した事故の責任所在を確認する

自動車を引渡した後、自動車の名義が買取業者に変わる前に起こった事故の責任の所在についての記載も確認しましょう。

軽自動車であれば1日で名義変更が可能ですが、普通車の場合、車庫証明申請期間も含めると名義変更に1週間程度を要します。

 

万が一買取業者が名義変更完了前に事故を起こした時に、その自動車の名義があなたの名義のままなので、事故の責任を押し付けられる可能性もあります。

 

更に悪徳業者であれば事故によって誘引された故障についてもあなたの責任にしてしまうかもしれません。

こういったリスクを未然に防ぐ為にも、引渡し後名義変更完了前の期間の事故や故障についての記述はしっかりと確認しましょう。

ポイント3・契約不適合責任を確認する

契約不適合責任(旧民法:瑕疵担保責任)についての記述もしっかりと確認しておきましょう。

契約不適合責任とは、自動車に故障や隠れた故障があった場合にそれを売主が修理する責任の事です。

 

一般的な自動車買取の場合、売主である一般ユーザーは契約不適合責任は免責されている事がほとんどです。

 

なので、万が一自分でも気づかなかった故障が見つかった場合でも、買取業者はそれについて減額請求や返金請求が出来ない事になっています。

ただし、意図的に故障を隠した場合はこの限りではありません。また、悪徳業者であれば、一般ユーザーに対しても契約不適合責任を求めるために、契約書にその記載があるかもしれません。

この点はしっかりと契約書の条文を確認しておきましょう。

故障箇所や走行中に気になっていた場合は隠さず申告する

 

自動車の故障箇所や気になる箇所を事前に申告することがトラブルを避ける一番の方法です。

 

更に言うと、査定時に査定士が試運転をする事は稀なので、走行中の異音や異常がある場合もしっかりと申告しておくのがベストです。

逆に故障や異常を隠すとトラブルにつながりやすいです。査定額は下がってしまいますが、トラブル防止の為には包み隠さず事故歴や故障個所、異常を自己申告しましょう。

 

冠水や浸水の過去も必ず申告する

事故や故障と併せて、冠水や浸水歴が自動車にある場合もしっかりと査定時に申告しておきましょう。

自動車は鉄でできた工業製品であり、それを多くの電気で作動させているがゆえに、水は大敵です。

 

水は鉄を錆びさせ、電気系統に侵入すればその電気回路をショートさせ、更にエンジン内部やミッション内部に侵入しスムーズな回転を阻害し摩擦によって内部から破壊してしまいます。

 

そのため、浸水や冠水は故障を誘引する大きな原因になります。

 

水は乾けばその履歴が無くなってしまいがちなので、査定士も見抜けない場合があります。

 

契約後のトラブル防止の為に冠水歴や浸水歴もしっかりと申告しましょう。

 

故障車でも高く売りたいなら廃車買取がおすすめ

故障車をトラブル無く出来るだけ高値で売却するベストな方法は「廃車買取」を利用する事です。

中古車買取は、買取後も自動車として再販売する事を目的とされています。

 

これに対して廃車買取は、買取後は自動車として再販売するだけでなく、自動車をリサイクルして使える部品を再販売することを目的としています。

 

つまり、自動車として売れなければパーツ単体で売るため、たとえ故障車であっても買取し、利益を出すことができるのです。

弊社「廃車本舗」では以下のような大破した車でも22万円で買取させていただいた事例があります。

関連記事:日産 エクストレイルの買取事例

この車はエアバッグが出ている状態でしたが、エンジンに問題がなかったため、22万円で買取できました。

 

このように故障車でも一部のパーツが生きていれば、中古車としては売れないほど大破して車でもこ廃車買取では高額買取が期待できるのです。

 

廃車買取を利用するメリット

廃車買取を利用するメリットは以下の通りです。

  • 廃車買取は故障車部分を修理、もしくは解体して生きてるパーツだけ売ったりできる。
  • トラブルに巻き込まれる心配もなく、レッカー費用なども無料
  • 独自の販路もあり買取価格が高い

廃車買取では前述した通り、故障車でも中古車同様、高く売ることができます。

また、故障部分を隠して売ることも必要なく、トラブルに巻き込まれません。レッカー費用も廃車買取業者が負担してくれるため、費用を抑えて車を売ることができます。

さらに、廃車買取はパーツ売買なども行っているため販路が広く、海外への輸出等に対応している業者もあります。

販路が多ければ「一番高く買ってくれる人」をターゲットに売買できるので、高額での買取に対応してもらいやすいです。

 

これらの理由から故障車を売るのであれば、廃車買取がおすすめです。

 

故障車を中古車として買取依頼するデメリット

故障車にとって一般的な中古車買取があまり向いていない理由は次の通りです。

  • 買取価格が安い
  • 契約後のトラブルの心配がある
  • 故障度合いがひどい場合は有料で引き取ってもらわなければならない

 

故障車の場合、故障個所によりマイナス査定となりますので、必然的に買取価格が下がります。

 

軽微な故障であっても、実際にかかる修理費用よりも査定額ダウンの方が大きくなる傾向があります。

 

また、中古車買取はあくまでも買取後に中古車として再販売する事が目的なので、走行に支障をきたすような故障の有無は契約後のトラブルの元といえます。

もちろん査定時に正確に申告する事で未然にトラブルを防ぐことはできますが、査定額は下がってしまいます。

故障度合いがひどい場合は買取ではなく廃車対応となるため、レッカー費用や手続き費用としてお金を支払う必要があります。

そのため、よほどのプレミアがつくような車や販売されて間もない車でなければ、故障車を高額で売るのは難しいです。

まとめ

自動車の買取査定は経験豊富な査定士が査定しますので、故障を隠して故障車を売却する事は至難の業と言えます。

もちろん査定時に査定士も気付けない故障もありますので、こういう時は契約後にトラブルになりがちです。

 

売却後に故障が発覚した場合は、買取業者から減額請求や返金請求、最悪の場合訴訟を提起される事もあります。

 

こういった心配事を無くすため、故障車の売却は「廃車買取」を利用する事がベストです。

 

廃車買取業者は、故障車であっても「廃車」として買取を行い、自動車をリサイクル化して利益をあげている業者です。

中古車として再販売を行う中古車買取とは違い、動かない状態の自動車でも買い取ってくれます。

当サイトを運営する「廃車本舗」も自社で工場を持っており、解体から販売までを自社で行えるため、手数料なしで廃車の引き取りが可能です。また、車種によっては大破していても10万円以上の値がつく可能性があります。

ゴミ同然だった故障車が乗り換え費用に変わりますので、一度愛車の査定をしてみてませんか?