廃車時の還付金はいつもらえる?自動車税や自賠責保険などの還付時期と申請方法を解説

還付金

廃車の際に、車検や契約期間が残っている場合は、自動車税や重量税、自賠責保険の一部が返ってきます。

しかし、「還付金がいつもどってくるのか」「いくらくらい戻ってくるのか」と気になられているのではないでしょうか?

還付金は廃車をしたらすぐに返金してもらえるものと、数ヶ月またなければならないものがあります。

申請方法もそれぞれ異なり、廃車完了後に送られてくる通知書と交換に還付金がもらえるものもあれば、申請手続きが必要なものもあります。

ですので、廃車したからといって、自動的に還付されるものではないので、注意が必要です。

 

そこで今回は廃車の還付金について悩まれている方のために、還付金がもらえる税金、保険の種類から返金時期や申請方法をご紹介します。

 

この記事を読めば還付金がいつもらえるのかを理解し、手続きもスムーズ行えます。

廃車するときに戻ってくる還付金の種類

廃車手続きによって還付金(お金が返ってくる)と返金時期は以下の通りです。

  • 自動車税  : 1ヶ月〜3ヶ月
  • 重量税   : 1ヶ月〜2ヶ月
  • 自賠責保険 : 手続き完了後1週間〜2週間

それぞれ還付金が返ってくる時期が異なり、手続きが簡単な「自動車税」の返金が最も遅く、返金申請が必要な自賠責保険の返金が最も早いです。

これらは車種によって返ってくる金額が異なります。というのも、エンジンの排気量や車体の重量によって支払う税金の金額、保険料が異なるからです。

 

ご自身で廃車をされた場合は還付金申請を行う必要がありますが、廃車を無料で依頼できる「廃車本舗」に依頼すれば廃車におけるすべての手続きを代行できます。

例えば、永久抹消などの手続きから解体申請、還付金の申請まで行っています。

さらに、ボロボロで鉄クズ同然の車を「廃車買取」しているので、還付金の他に車体の売買価格もお支払いします。

10万キロ走行、故障車でも10万円以上で買い取った事例がありますので、廃車を検討されている方は一度ご相談ください。

 

廃車本舗の買取事例はこちら