車検切れの車にも自動車税がかかる!税止め手続き方法をわかりやすく解説

「車に乗る予定もないし、車検が切れたまま放置していた」

 

「車検の切れた車の自動車税を支払えと書類が送られてきた」

 

車検が切れたからといって車を処分せずに放置している場合、自動車税がかかっている場合があります。

車検に行かないと特に税金を払う場面がないため、忘れがちですが、乗っていない車検切れの自動車も、毎年自動車税が掛かっています。
何年も放置していると督促が来るほか、後から脱税とみなされることもあります。さらに延滞金も掛かってしまいます。

今回は自動車税の掛かる車の状態と掛からない車の状態、そして車検切れで乗らない自動車の自動車税を掛からないようにするにはどうすれば良いのかご紹介します。

今車検切れの車を放置している方は、記事を読んでぜひチェックしてみましょう。

廃車本舗では手続き代行と廃車の高額買取を実施しておりますので、車検切れの車の処分に困っている方は、廃車本舗にご相談ください。

 

この記事の内容が難しい方は?

中古車・廃車の買取を専門で行っている廃車本舗へお問い合わせ下さい。面倒な廃車手続きを代行させて頂きます。お電話の場合は0120-788-100 まで。メールで愛車の査定を希望される方はこちらから。廃車予定の事故車などが思わぬ高額買取となる場合もあります!

車検切れの事故車・不動車・高年式・ボロボロの車も買取実施中!
廃車買取は【廃車本舗】無料査定・高額買取!

廃車本舗ならボロボロの廃車に数万円の買取価格がつく!詳しくはこちら